馬賢達

馬賢達老師は1932年の生まれであり、祖籍は「武術の郷」と呼ばれている河北省滄州地区孟村。父親の馬鳳図は民国時代に滄州県長をつとめ、名医としても社会に功績の大きい人であったが、武術に関しても劈掛拳、八極拳、翻子拳などの達人として有名である。

馬賢達老師は現在中国の武術家の中で最も有名な人であり、幼少の頃より父親の馬鳳図の元で武術を修行し、劈掛拳、八極拳、翻子拳、戳脚などの拳法や長短の兵器にも精通されている。

1952年、天津で開催された全国規模の散打大会(フルコンタクトで打ち合う試合)で弱冠19歳の大学生の身で参加し、並み居る名人、達人をことごとくKOし優勝を果たされた。この時の試合情況があまりにも激烈かつ過酷なものであり、多くの負傷者が出たため、以後この種の形式の実戦に近い試合は中止された。さらに1953年には全国短兵格闘試合でも優勝し不敗の記録を樹立され全国に勇名を馳せた。

また、その強さにより無敗を誇り、20代、30代の頃の若い馬老師は『国手』として中国国内の武術家を代表して、外国の格闘家(ロシアや黒人ボクサーなど)と試合した。 結果はすべて馬老師の快速で猛烈な翻子拳の突きによりあっという間に外国の格闘家たちをKOしてしまったのである。これらの馬老師の試合の模様は国家体育運動委員会がフィルムに撮って今も大切に保管されている。

「快手馬」と称された馬老師の猛烈な突きはあのプロボクシング元世界ヘビー級チャンピオン モハメドアリ氏をも驚嘆させた。

馬老師の強さは武林界で「動くこと雷震の如く、穏なること山岳の如し。進退は急速にして、快きこと雷閃の如し。向かう所前に敵無く、争鋒すること難し。」と人々に称された。

馬老師こそ現在中国で実戦で証明してきた武術家である。

馬賢達老師のその武勇によって、「武術の郷」である滄州から出た武林の英雄といわれ、1985年1月に河北省滄州地区孟村において、「八極拳研究会」が設立された際に、呉鐘の末商であり会長の呉連枝氏を初めとする多くの八極拳家からの養成により、馬老師は同会の名誉会長に就任する。

映画「少林寺」において武術指導をもたらし、主演ジェット・リーに翻子拳を指導した。 ≫1985年日本武道館で演武している時の動画はこちら

1995年「中国十大武術名教授」の称号を授けられる。陜西省体育総会副主席、陜西省武術協会主席などを歴任。

現在の中国武術最高段位9段。また、2002年アメリカの武術雑誌『KUNGFU』にて『China's Highest Level Grandmaster Ma Xianda(中国の最も最高で偉大な武術家馬賢達老師)』と紹介され、中国国内だけでなく海外でも偉大な武術家として知られている。

日本では、馬賢達通備武術学院日本支部を支持し、最高顧問になって頂いていたが、2013年6月17日午前3時にてご逝去される。享年81歳。

(注)馬賢達老師や当会代表が授かっている中国武術段位は、個人的なものではく、中国国家体育運動委員会及び中国武術協会から正式に公認されているものです。

馬賢達老師の演武

福昌堂「武術」1983年秋・冬合併号

1983年夏松田隆智氏が訪中で馬賢達老師に学んだ模様が福昌堂「武術」1983年秋・冬合併号に記載されています。

表紙はジェットリーです。当時はまだ10代だったので若い!です。

資料提供/馬賢達老師

福昌堂「武術」1983年秋・冬合併号で馬賢達老師が紹介された写真。50代初めの馬老師です。

当時馬賢達老師から直接習うのは大変だったと書かれている。

馬老師が指導すると窓に多くの人だかりができ見学する人がどんどん増え、メモをとる人さえも出たという。

当時の状況を伝えている。

松田氏とそのグループの人たちはその後一、二度西安に学習されたとのこと。

馬老師曰く「彼らは書くのが専門だから・・・」とのこと。

馬賢達老師関連メディア

↑ PAGE TOP