中国武術最高段位9段 馬賢達老師から頂いた教授許可証

 当会の代表・小林正典師範は、馬賢達老師から直々に貴国(日本)において馬賢達通備武芸分部、道場及び教室を開設して良いというお墨付きの内容の許可証明書を頂いております。

 このように日本で正式に最高段位から許可証を頂いて武術を教えているのは当会のみです。

 中国語が多少わかる方はすぐにお判りかと思いますが、この許可証の内容で馬賢達老師が直々に証明されているとおり、1998年元旦時点で小林師範は10年近くも馬氏通備武術を学んでいると記載されています。

 日本の中国武術を扱うメディアにおいてさえ、いたずらに中国武術の秘伝だとか、発勁や気を持ち上げたりして、相変わらずまだ何も知らない人たちに妄想を煽るようなものを採り上げたりして、理屈っぽいものや不透明な部分が目立ちます。またいたずらに先人をもちあげたり、秘境でのまだ見ぬ拳法探しといったようなものを紹介したりして一部のマニアだけが喜んでいる記事が目立つのが現実です。これらの情報は武術を練習していく上であまり意味のない知識ではないかと思われます。私たちやあなたのような普通の日本人が、身近に感じてじっくりと練習して身につけることができる情報は、ほとんど出ていません。これでは武術道に反し、変に勘違いされるばかりで、日本人の中国武術愛好精神、ひいては業界の活性化は不可能かと感じることもあります。

 このような状況下なので、日本の中国武術界においては、まだ偏見で偏っている部分があり、残念ながら書籍でも経歴詐称や捏造した内容のものも多く見られます。

 以上随分思い切って書かせていただきましたが、当会は健全な中国武術を日本に紹介する義務があり、以上の許可証にあるとおり、この場にて本場中国の本物の武術を紹介できる事を証明します。

 以上のような間違った紹介のされ方がまだある限り、一般の人の中には中国武術の技術をオカルトだと勘違いし、中国武術の良さがなかなか正しく理解されません。それを今まで黙殺していた私たちも反省しないといけないと思っています。志ある人が正しく武術をできるように指導していくことがこれからの私たちの役目と思っています。当会の代表師範が、歴史上において実際に証明をしてきた正統な名門武術をあなたに示します!まずは接してみることです。

 そこでホームページを見ていただいた方の中で、正しく武術を学んでみたいという方に、新規受付枠限定で開講しています。ご来場にはアポイントが必要となります。中国から正しく受け継がれた伝統武術を学びたい方は、まずは貴方が学習されたい学習方法をお伝えください。ご連絡は今すぐお問い合わせページから。

拝師について

 拝師の儀式を済ませてから正式な弟子となれます。拝師の儀式の際には、弟子になる人は必ず拝師する師に拝師帖を渡します。これを師と弟子の双方が交換し互いが持っています。正式弟子だというのを証明してもらうためです。これは中国の伝統の習慣です。拝師帖がなければ、拝師の儀式を済ませたことにはなりませんし、弟子として認められません。これは中国人なら誰でもわかる習慣です。

 このサイトを見ているあなたの周りに伝承者と名乗ったり、中国の武術家に拝師したという人がいるならば、その人に拝師帖があるかどうか聞いてみてください。本当に拝師して正式な門人である人であるならば必ず師の印鑑が押されてある拝師帖を持っている筈です。記念撮影した写真だけではまったく信用できません!中には自分で集めた資料を秘伝書と自称したりするような呆れた話もあるぐらいです。日本ではまだ中国武術の情報が足りないので、中国では常識的な知識と情報が日本の愛好家のみなさんに伝わっていないのが現実のようです。

 仮に正式な弟子でないにしても習った事がある人は1枚ぐらいは師と一緒に練習していた時の写真はある筈です。

 中国人でも中には日本で留学している間、アルバイト感覚で少しだけしかかじったことがないような武術を教えたりしています。日本人は何も知らないからといって、中には自分を正当化したいために秘伝書(拳譜)を偽造している者もいるぐらいです。周りに怪しいような人がいましたらすぐに確認して下さい!

 正しく武術を学ぶには、正しく証明ができる人から習うのが上達への近道です!

■ 数多く付与された本場の本物の認定書の数々

↑ PAGE TOP